ZHENGZHOU HAIXU
ZHENGZHOU

HAIXU

クロマイトの主な特性

(1)クロマイトサンドはアルカリ性スラグに対する耐性が高く、酸化鉄等と反応しません。したがって、実際のアプリケーションでは、クロム鉱石の砂は熱化学的な粘着性の砂を避けることができます。

(2)溶融金属鋳造プロセス中、クロマイト砂自体の固相焼結が溶融金属の浸透を防ぎ、それによって機械的な砂の付着を防ぎます。

(3)クロム鉱石の熱伝導率はケイ砂の数倍であり、鋳物の冷却速度を上げることができます。したがって、クロム鉱石は実際の用途で外部冷鉄の役割を果たすことができます。

(4)クロマイトサンドで最も有害な不純物は炭酸塩(CaCO3・MgCO3)です。高温の金属と接触すると、CO2を分解し、鋳物にブローホールを発生させやすくなります。通常、炭酸塩を含むクロム鉱石は、900℃〜950℃の高温焙焼を経て炭酸塩を分解します。

(5)クロマイト砂のサイズが耐火性に及ぼす影響クロマイト砂のサイズは、その耐火性に大きな影響を与える可能性があります。過去には、粒子サイズが粗すぎると鋳物の表面仕上げが低下すると考えられていました。ただし、クロム鉱石で作られた砂型と砂の芯の表面には、通常、一定の厚さの塗料が吹き付けられるため、鋳物の表面仕上げにはほとんど影響しません。

一般に、大型鋳鋼のモデリングに使用される砂型の適切な粒子サイズは40/70メッシュであり、中小規模の部品に使用される砂の粒子サイズは50/100メッシュです。いくつかの小さなウォーターポンプ産業など、経済的要因を考慮して、ジルコニア砂をクロマイト砂に置き換える、これらの工場で購入したクロマイト砂は非常に細かい70/140メッシュ、さらには100/200メッシュなどを必要とする特殊なケースもあります。

Scroll to Top